給湯器を利用するときは将来を見据えて選ぼう!【Warm Shower】
HOME>注目記事>給湯器を利用するときは将来を見据えて選ぼう!

燃料と電気の違い

給湯器

給湯器は大まかに分けると灯油やガスを燃やしてお湯を沸かすか、電気でお湯を沸かすかの二択となっています。どちらが優れているかというとはっきり断言することはできず、災害時に使える燃料式がいいのか、省エネルギーの電気式がいいのかで悩むことになるでしょう。ですから、賢い選択の仕方を知っておくといいです。まずは、今住んでいる住宅とそこで暮らす自分たちの都合にどちらがあたるのかをよく考え、後悔しない選択をすることが重要となります。大人数で暮らす場合はそれだけ利用するのが多くなる給湯器なので、妥協しないでじっくり考えていきましょう。もしも、寒さが厳しい地域に住んでいるのなら、凍結も気にする必要があります。寒い冬こそ給湯器が必要になりますから、そういった地域でも使えるのかも気にしたいところです。一般的に電気の方が寒い地域でも使用が可能だとされています。

都市ガスの強みについて

給湯器

燃料方式は基本的にはガスボンベを設置することになりますが、都市ガスが引かれている地区であればそういった設置の必要がなくお得です。住んでいる場所にもよりますが、都市ガスは契約をするとガスボンベを設置するよりも、電気式よりも安くお湯を沸かせるようになります。ただ、地方で給湯器を使う場合は都市ガスが通っていないことも多くあるので、住む場所を決める段階で決断することが大切です。ガス式はパワーがあるため大人数でお風呂に入る際も遠慮なく追い炊きをしていくことができ、快適に生活を送れるので使えるなら使いましょう。また、すでに都市ガスを使って給湯器を使用しているという方は、もしも壊れた時のために故障などに対応している業者を探しておくといいです。都市ガス給湯器が壊れてもお安く交換してくれるところがあるので、要チェックでしょう。

広告募集中